radiann Moissanite

モアサナイトってなに?


ダイヤモンド?
人工ダイヤモンド?
合成ダイヤモンド?
キュービックジルコニア?
スワロフスキーとも違う?

モアサナイトってどんな石なの?

見た目はまるでダイヤモンドのような宝石ですが、
モアサナイトは、『モアサナイト』という単体の宝石名です。
この石はどんな石なのか、ひも解いていきましょう。

 

Universe

モアサナイトの起源は宇宙

もともとは宇宙から降ってきた隕石の中から発見された鉱物、というところまで遡ります。 地球上で天然に産出されることはほぼなく、隕石中から算出された新鉱物。研究者の名前がアンリ・モアッサンだったことから 名付けられた名称で『炭化ケイ素』という物質からなる新鉱物。 それがモアサナイトです。 やがて、その類まれなる輝きの美しさから宝石としての高い価値を見出されCharles & Colvard社によって『人工的』に生産されるようになったのです。 起源は宇宙からきた新鉱物ですが今は『炭化ケイ素』とという物質から生産される新しい宝石となります。

 

Features

モアサナイトの特徴

モアサナイトのその輝きはダイヤモンドの約2.5倍であり、カラー、透明度、耐久性、価格など多くの面で大変優れております。

唯一ダイヤモンドが勝るのはその硬度(ダイヤモンドのモース硬度は10)ですが、モアサナイトもモース硬度9.25以上を誇り、ダイヤモンドとの差はほとんどありません。

モアサナイトの価格はダイヤモンドと比べて1/5~1/50以下と、お求めやすく気軽に日常使いに身につけていただけるのが魅力のひとつ。

ここ数年でアメリカなどではファストファッションからブライダルまで爆発的な人気となりダイヤモンドより高品質なジュエリーとして、2022年はさらにトレンド入り必至。

幅広い層から人気を集める

まさに『 次世代の宝石 』です。

 

ダイヤモンドとモアサナイトの違い

ダイヤモンド モアサナイト
原子組成 C(炭素) SiC(炭化ケイ素)
比重 3.52 3.21
屈折率 2.42 2.69
分散度(ファイア) 0.044 0.104
光沢指標 17.20% 20.40%
モース硬度 10 9.5
靭性 Good Excellent
クラリティ I3 ~ フローレス VS〜
カラー D-Z D-H
カットのクオリティ Poor ~ Excellent Excellent
親油性 あり 低い
熱耐性 高い 非常に高い

 

 

 

 

radiannモアサナイト

Quality

RADIANNのモアサナイト

 

『モアサナイト』は同じではありません。
同じ1カラットで並べてみても、このように品質には天と地ほどの差があり、見え方は全く異なります。

販売業者が信頼できるに足りるほどモアサナイトに精通し、極めているかどうか。全てはここにつきます。

品質の追求

RADIANNでは、最高品質のモアサナイトを採用しています。

 

オーナーのAyaが世界中のモアサナイトを取り寄せ 最も美しい石を追求。日本国内でRADIANNでしか手に入らない品質が 多くのジュエリーを愛するお客様方に高い支持を得ております。

現れては消えてゆく栄枯盛衰の激しいモアサナイト界で創業時から変わらず毎年ファンが増え続け
ハイクオリティでありながら価格、耐久性、硬度が高く曇りにくい性質を持ち、日常使いしやすいと大変人気をいただいております。 

 

 

RADIANNが監修・自社工房にて生産から販売まで全て一括で行うモアサナイトは科学的に進化した石であり、天然ダイヤモンドと同じ素材である炭化ケイ素を使用しております。

輝きはダイヤモンドに極めて近く

ダイヤモンドテスターやプロの宝石鑑定士でも肉眼での判定は困難なほどのクオリティを誇ります。